腫瘍内科

腫瘍内科

腫瘍内科の特徴

がんは国民病といわれるほど身近な病気になっています。

これまではがんの発生臓器に関連する臓器別診療(肺癌なら呼吸器、胃癌なら消化器など)のもとでがん薬物療法が実施されてきましたが、診断・治療の飛躍的な進歩により、専門的な知識や技能が必要とされる薬剤が導入され、質の高いがん薬物療法を実践するため臓器横断的に幅広い知識と技能を備えたがん薬物療法を専門とする医師が必要とされてきています。

こういった背景から当院では腫瘍内科を新設し、癌種によらず抗がん剤をはじめとしたがん薬物療法が実施できる外来診療を開始いたしました。

日本がん治療認定機構がん治療認定医、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医が担当いたします。

当科ではがん薬物療法の実施に限らず、がんに関する治療や診断など全般的なお悩み、たとえば副作用で悩まれている方の相談も行っております。また、セカンドオピニオンも積極的に実施しております。 いわばがん診療におけるトータルコーディネーター、コンシェルジュとしての役割を担っておりますので、お気軽にご相談ください。

当院腫瘍内科では緩和ケアも積極的に行っており、がんと診断されてから診断、治療、緩和ケアを一体的に実施し、安心して治療・療養できるよう努めてまいります。

緩和ケア科
患者さん、ご家族の方を含めた人生の生き方・過ごし方計画(アドバンスケアプランニング)を緩和ケア外来と同様に行っておりますので、ご相談ください。

院内においては多職種で構成されたがん薬物療法チーム活動を実施しています。治療方針の相談のみならず、診断や副作用の対策・対応、薬の飲み合わせの指導、栄養指導といった多岐にわたる相談に応えています。 まずはご相談ください。

腫瘍内科の特徴

腫瘍内科の役割

腫瘍内科の特徴

がん薬物療法チーム

がん薬物療法チーム
  • 治療方針の相談
  • 副作用の相談(食事、脱毛、スキンケアなど)
  • 薬の飲み合わせの相談 など

腫瘍内科のドクタープロフィール

岡田 佳也(おかだ よしなり)

役職

  • 外科医長

専門分野

がん薬物療法/緩和ケア/レギュラトリーサイエンス

資格・専門医・指導医等

  • 日本内科学会内科認定医・指導医
  • 日本消化管学会胃腸科認定医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
  • 日本緩和医療学会 緩和ケア認定医・指導者講習会修了
  • 東北大学医学博士
  • 東北大学病院臨床研究推進センター非常勤講師

所属

  • 日本内科学会
  • 日本消化管学会
  • 日本乳癌学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本癌学会
  • 日本臨床腫瘍学会
  • 日本緩和医療学会

メッセージ

がん診療を総合的に提供できるよう、努めて参ります。