理念と行動基準

理念と行動基準

基本理念

愛を原理とし、秩序を基礎とし、進歩を目的とする

方針

質の高い全人的な医療・介護・予防をシームレスに展開し、皆様に愛され信頼される存在となります

行動規範

  • 私たちは感性を磨き、自らを高めていきます
  • 私たちは一人一人の人格を尊重し幸せな暮らしを支えます
  • 私たちは明るい健全な運営を行い社会へ貢献します
  • 行動指針

    自己研鑽  ~ Self Improvement ~

    常に自己を振り返り、自己研鑽に努めます

    顧客志向  ~ Customer Engagement ~

    あらゆる顧客と愛着ある深い絆を築きます

    プロ意識  ~ Pride of a Professional ~

    自分たちの仕事に責任と誇りをもって取り組みます

    共働・協調  ~ Teamwork ~

    チームの一員であることを意識した行動の実践に努めます

    意識改革  ~ Motivation & Challenge ~

    変わることを恐れず、新しいことへの挑戦を行います

    患者さまの権利

    • 患者さまはいつでも、診断、治療、予防及び今後の見通しについて、丁寧に納得できるまで、親切で思いやりのある十分な説明を受けることができます。
    • 患者さまは十分な説明を受けた上で治療法などを選ぶことができます。
    • 患者さまは医療の診断、治療などの段階でセカンドオピニオンについて担当医に相談することができます。
    • 患者さまはその他の健康上や日常生活に関する質問に対して、十分な説明を受けることができます。
    • 患者さまについて知り得た情報のすべては厳正に秘密が 守られます。

    患者さまへのお願い

    • 患者さまには健康、病気、生活等、医療上必要なことについての情報を提供していただきます。
    • 患者さまには納得した上で受ける治療の方針を守り、治療効果を上げるよう協力していただきます。
    • すべての患者様が適切な治療を受けられるようにするため、他の患者さまの治療や病院職員の医療提供に支障を与えないよう配慮していただきます。
    • 患者さま、ご家族さまから、当職員に対するお心付け(食べ物やお花なども含みます)は、一切お断りしています。

    医療行為に関する説明と同意の指針

    1. 私たちは、全ての医療行為を行うにあたり、患者さまに対して事前に説明します。
      ただし、緊急を要する際は、事後説明となる場合があります。
      (緊急を要する例)
      1. 突然の心肺停止状態
      2. 出血性ショック
      3. 意識障害を伴う状態   など
    2. 主治医は、手術、麻酔、輸血、および侵襲性があると判断される検査・治療などに関しては文書を用いて説明します。
      ただし、血液検査、尿検査、単純レントゲン検査、超音波検査など、侵襲性が少ないと判断される検査・治療などに関しては口頭で説明します。
    3. 主治医は、以下の項目について患者さまへ情報提示・説明を行ったうえで承諾と同意を得ます。
      1. 患者さまの病名、病態
      2. 医療行為の目的、必要性、方法
      3. 医療行為によって予測される効果
      4. 医療行為に伴う危険性と偶発症発生時の対応
      5. 代替可能な医療行為の有無とその内容
      6. 何も治療を行わなかった場合に予想される経過   など
    4. 主治医が患者さんへ説明する際、可能な限り担当看護師などが立ち会います。また、患者さまも可能な限りご家族の立会いをお願いします。特に、患者さまが未成年の場合、又は意思決定が困難であると判断される場合、ご家族、もしくは法定代理人などの承諾と同意が必要です。
    5. 主治医・患者さま(ご家族、もしくは法定代理人)は同意書に署名を行い、当院と患者さま双方で確認できるように保管します。
    6. 患者さまは、同意書提出後に意思が変わった場合、同意を取り消すことができますので主治医へお申し出ください。取り消したことで患者さまが今後の診療を受けるにあたり、何ら不利益になることはありません。
    7. 患者さまはセカンドオピニオンを希望する場合、主治医へお申し出ください。

    2019年3月1日 作成

    社会医療法人 きつこう会 多根総合病院
    病院長 丹羽 英記