プレインツリー

プレインツリー

プレインツリーから学んだ患者さま中心の医療

多根総合病院は、日本で初めてプレインツリーに加盟した病院です。プレインツリーモデルを学んだ病院造りを実践した病院です。
プレインツリー(Planetree)とは、患者の視点から病院モデルを作ったアメリカのNPO法人の名前で、1978年にアメリカで、 アンジェリカ・チェリオットという一人の女性患者があまりに無機質で非人間的な病院サービスに憤慨し、患者の視点から病院モデルを作りました。
プレインツリー(Planetree)と名づけられたNPO(非営利組織)は、今日まで患者の視点からの医療サービス提供に多大な貢献をしています。
多根総合病院は、プレインツリーの加盟病院として多くのポリシーを学びました。現在は私たちが独自の考えをもった形で、患者の視点からの医療サービス提供を創造しております。 ※ 多根総合病院は、現在プレインツリーの加盟病院ではありません。

プレインツリーから学んだ患者さま中心の医療

病棟の区分け「C・U・R・E」

病棟の区分け「C・U・R・E」

当病院では病棟を「C・U・R・E」の4つに区分けし、患者さまやご家族をご案内しています。
この名称には病棟を「CURE(キュア:癒し)」の場と考え、より良い医療を提供したいと願うスタッフの想いが込められています。

プレインツリー

患者さまの満足向上への取り組み