プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー及び情報共有に対する当院の指針

当院では、患者さまに安心して医療を受けていただくため、安全な医療をご提供するとともに、 患者さまの個人情報の取り扱いにも万全の体制で取り組んでいます。
また、医療サービスにおける特有の情報共有及び研究対する当院の指針も掲示しております。


個人情報の取り扱いについて

当院では「個人情報の保護に関する法律」に従い、利用者様の個人情報については下記の目的にのみ利用し、その取り扱いには万全の体制で取り扱うことといたしますので、ご理解くださいますようお願い申し上げます。なお、疑問等がございましたら、担当窓口にお問い合わせください。

当院での利用者様の個人情報の利用目的

  1. 内部での利用
    1. 利用者様に提供する医療・介護・福祉・健診等サービス
    2. 医療・介護・福祉・健康等保険事務
    3. 入退院・入退所等の病棟・居室等管理
    4. 会計・経理
    5. 医療等事故の報告
    6. 当該利用者様への医療・介護・福祉・健康等サービスの向上
    7. 医療・介護等実習への協力
    8. 医療・介護等の質の向上を目的とした症例研究
    9. その他、利用者様に係る管理運営業務
  2. 外部への情報提供としての利用
    1. 他の病院、診療所、助産院、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との連携
    2. 他の医療機関等からの照会への回答
    3. 利用者様の診療等のため、外部の医師等の意見・助言を求める場合
    4. 検体検査業務等の業務委託
    5. ご家族様等への病状説明
    6. 保険事務の委託
    7. 審査支払機関等へのレセプトの提供
    8. 審査支払機関等または保険者からの照会への回答
    9. 事業者等からの委託を受けた健康診断に係る、事業者等へのその結果通知
    10. 医師賠償責任保険等に係る、医療に関する専門の団体や保険会社等への相談または届出等
    11. 外部監査機関への情報提供
    12. その他、利用者様への医療・介護・福祉・健康等保険事務に関する利用
  3. その他の利用
    1. 医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
    2. 医学研究・学術研究(学会発表等)のための資料等
      (※個人を認識あるいは特定できない状態(匿名化)にした上で利用いたします。この際、事例の内容から十分な匿名化が困難な場合は、その利用については原則としてご本人の同意を得た上で利用させて頂きます。)
    3. 個人情報の保護に関する法律に基づき、法令に基づく場合、生命・身体・財産保護の必要のある場合、公衆衛生の向上・児童の健康育成に関わる場合、国等の公共団体からの協力依頼のある場合には、例外としてご本人の同意を得ることなく利用させていただくことがあります。


  • 上記のうち、他の医療機関等への情報提供について同意しがたい事項がある場合には、その旨を当院担当窓口までお申し出ください。
  • お申し出がないものについては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。
  • 医療・介護・福祉・保健サービス等を提供するにあたり、緊急の場合等利用者様本人からの情報収集が困難な場合に限り、ご家族、救急隊、サービス事業者等から情報をいただくことがあります。
  • これらのお申し出は、ご本人による開示請求・訂正・削除・利用停止等の権利を行使できます。

個人情報の開示・訂正・利用停止等について

当院では、患者さまの個人情報の開示・訂正・利用停止等につきましても、「個人情報の保護に関する法律」の規定にしたがって進めております。手続きの詳細のほか、ご不明な点については、窓口(個人情報保護担当係:加藤)までお気軽にお尋ねください。

個人情報についてのお問い合わせ先
Tel. 06-6581-1071(個人情報保護担当係:加藤)


多根総合病院消化器内科に、悪性腫瘍による遠位部胆管狭窄で通院歴のある患者さんへ

多根総合病院消化器内科では、以下の臨床研究を実施しています。ここにご説明するのは、過去の診療情報や検査データ等を振り返り解析する「後ろ向き観察研究」という臨床研究で、当院倫理審査委員会の承認を得て行うものです。
すでに存在する情報を利用させて頂く研究ですので、対象となる患者さんに新たな検査や費用のご負担をお願いするものではありません。
また、対象となる方が特定できないよう、個人情報の保護には十分な注意を払います。

この研究の対象に該当すると思われた方で、ご自身の診療情報等が利用されることを望まない場合やご質問がある場合は、下記の問い合わせ先にご連絡ください。

1.研究課題名

悪性遠位部胆管狭窄に対するmetal stent留置に伴う合併症に関する多施設共同後ろ向き観察研究

2.研究責任者

和歌山県立医科大学内科学第2講座 教授 北野雅之
多根総合病院 消化器内科 部長 淺井哲

3.研究の目的

膵頭部癌や胆道癌ではしばしば、肝臓から産生される胆汁の出口である乳頭の近くの胆管「遠位部胆管」に狭窄を合併し、その治療方法としては、内視鏡的に狭窄部に対して金属ステントを留置します。現在、 金属ステントには、さまざまなタイプが存在し、金属ステントのタイプ別にその開存期間を比較した報告は数多く存在します。
悪性遠位部胆管狭窄に対する金属ステント留置後の合併症として、急性胆嚢炎、急性膵炎などがあげられますが、合併症のリスク因子を検討した報告は少ないです。
そのため、今回の研究の目的は、それぞれの合併症における発症頻度、州類、またその合併症の危険因子について明らかにすることです。
今後、悪性遠位部胆管狭窄に対する金属ステント留置に伴う合併症のリスクを下げられることが期待できると考えております。

4.研究の概要
(1)対象となる患者さん

悪性腫瘍による遠位部胆管狭窄を罹患した患者さんで、2018年4月1日から2021年3月31日までの期間中に、悪性遠位部胆管狭窄に対して内視鏡的金属ステント留置術を受けた方

対象となる患者さん
      1. 画像検査で悪性遠位部胆管狭窄が認められた患者さん
      2. 悪性腫瘍の病理学的診断が得られている患者さん
      3. 悪性遠位部胆管狭窄に対して経乳頭的に金属ステントを留置した患者さん
対象とならない患者さん
      1. 遠位部の胆管以外の位置に胆管狭窄を伴っている患者さん
      2. 遠位部の胆管狭窄以外の位置に胆管ステントが留置された患者さん
      3. 悪性遠位部胆管狭窄に対して初回のドレナージ治療の際にmetal stentが2本以上留置された患者さん
      4. 胆嚢摘出術の既往がある患者さん
      5. 上部消化管ステントを留置している患者さん
      6. Billoth-I法以外の消化管再建術を行っている患者さん
      7. 研究への参加を拒否された患者さん
(2)利用させて頂く情報

この研究で利用させて頂くデータは、年齢, 身長,体重,性別,悪性腫瘍の種類, 腫瘍径, 遠位胆管部の狭窄長, 十二指腸浸潤の有無,胆嚢管の腫瘍浸潤の有無, 主膵管閉塞の有無, 胆嚢結石の有無, 1週間以内の胆管炎の有無, 化学療法の有無metal stentの構造(Braided or Laser cut), metal stentのtype(Covered or Uncovered ), metal stentの製品名, metal stentの長さ, metal stentの外径, 化学療法の有無, 乳頭出しの有無, 内視鏡的乳頭切開術の有無,内視鏡的膵管口切開術 , プレカットの有無, NsAIDsの有無,Metal stent留置に伴う合併症(種類,重症度), 合併症の発症までの期間,ステント留置後の化学療法の有無,胆管再閉塞 ,胆管再閉塞の原因です。

(3)方法

当院で治療を受けた悪性遠位胆管狭窄に対して金属ステントを留置した患者さんを内視鏡データベースおよび病歴管理データから「悪性遠位胆管狭窄」、 「metal stent」などのキーワードを使用し患者を抽出する。 抽出された患者さんから、遠位胆管狭窄に対する金属ステントを留置した患者さんの背景因子, 手技関連因子、ステント留置後の患者さんの背景因子について抽出し、金属ステント留置後から観察期間終了までに発症した合併症について抽出します。
患者さんの背景因子, 手技関連因子の中から、急性膵炎、急性胆嚢炎の合併症それぞれにおける危険因子を、統計的解析を用いて明らかにします。

5.個人情報の取扱い

利用する情報からは、患者さんを特定できる個人情報は削除します。また、研究成果は学会や学術雑誌で発表されることがありますが、その際も患者さんの個人情報が公表されることはありません。

6.ご自身の情報が利用されることを望まない場合

臨床研究は医学の進歩に欠かせない学術活動ですが、患者さんには、ご自身の診療情報等が利用されることを望まない場合、これを拒否する権利があります。 その場合は、下記までご連絡ください。研究対象から除外させて頂きます。なお、研究協力を拒否された場合でも、診療上の不利益を被ることは一切ありません。

7.資金源及び利益相反等について

本研究は後ろ向き研究であり、 被験者に対する報奨はない. 学会発表・論文発表における投稿料・別刷代などは和歌山県立医科大学第二内科ないしは多根総合病院の研究費より支払われる。

8.問い合わせ先

多根総合病院 消化器内科 部長 淺井 哲
〒550-0025 大阪市西区九条南1-12-21
Tel: 0665811071 Fax: 0665852757
E-mail: satoshi.asai@tane.or.jp

審査結果通知書

「大腸癌手術に対するCOVID-19の影響に関する後方視的解析」(他施設共同研究)への参加について

当院外科では以下の臨床研究を実施することになりました。 この研究では、多施設共同で後ろ向きに、COVID-19 が大腸癌手術患者の背景に及ぼす影響を検討します。
本研究では、2018 年 4 月 1 日から 2021 年 3 月 31 日までに、当院で大腸癌に対して手術を施行された方の臨床データを収集し、 COVID-19 感染拡大前後での患者背景の変化を検討します。
手術を必要とする患者に適切な外科医療を提供するために、COVID-19 パンデミックの影響を理解することは、今後の大腸癌治療を行う一助になると考えられます。
解析にあたって提供するデータは、提供前に個人を特定できない形に加工した上で提供しますので、患者さんの個人のプライバシーは完全に保護されます。

該当される患者さんで、本研究への参加をご希望されない場合はお申し出ください。参加を拒否することで皆様に不利益が生じる事は決してありません。 この研究に関するご質問などがありましたら、以下の問い合わせ先へご照会ください。

多根総合病院 外科 小川淳宏  電話 06-6581-1071(代)

研究実施計画書 

循環器領域における臨床研究のお知らせ

当院では以下の臨床研究を実施することとなりました。

【研究課題名】

JROAD-DPCを使用した、劇症型心筋炎の疾患登録とその解析

【研究責任者】

金岡 幸嗣朗

【研究機関の名称】

奈良県立医科大学

【研究の目的・意義】

本研究の目的は、JROAD-DPCを使用し、劇症型心筋炎の疾患登録を行い、劇症型心筋炎患者の疫学や治療法について明らかにすることである。
これまでの研究の症例数は大規模なものでも147人のコホートしかなく、世界的にみても悉皆性の高いレジストリーは存在しない。
本研究により劇症型心筋炎の臨床背景と予後規定因子について新たな知見が得られるとともに、発症メカニズムの解明や治療法の改善につながる可能性があると考えられる。

【研究の対象】

2012年4月1日から2017年3月31日までの期間にJROAD-DPCに登録されている施設に、劇症型心筋炎で入院した16歳以上の患者。

【個人情報の管理】

本研究で用いるデータは、カルテIDや氏名等の個人が特定できる情報は研究番号に置き換え、対応表により管理する。

【連絡先・相談窓口】

多根総合病院 循環器内科 瓦林孝彦  電話 06-6581-1071(代)

日本脳神経外科学会データベース研究事業(JND)への参加について

当院では「日本脳神経外科学会データベース研究事業(Japan Neurosurgical Database:JND)」に協力しています。2018年1月から当院脳神経外科に入院された患者さんの臨床データを解析させていただき、脳神経外科医療の質の評価に役立てることを目的としています。

解析にあたって提供するデータは、提供前に個人を特定できない形に加工した上で提供しますので、患者さんの個人のプライバシーは完全に保護されます。

本研究の解析に自分のデータを使用されることを拒否される方は、当事業実施責任者の脳神経外科 統括部長 小川竜介医師に、その旨お申し出くださいますようお願いいたします。

その他研究事業についての資料の閲覧を希望される方は、研究班ホームページ(http://jns.umin.ac.jp)をご参照ください。

日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)構築に関する研究への参加について

当院では「日本整形外科学会症例レジストリー構築に関する研究(Japanese Orthopaedic Association National Registry : JOANR)」に協力しています。

2020年4月から当院整形外科で運動器の手術をされた患者さんの診療情報を解析させていただき、整形外科医療の質の評価に役立てることを目的としています。

解析にあたって提供するデータは、提供前に個人を特定できない形に加工した上で提供しますので、患者さんの個人のプライバシーは完全に保護されます。

本研究の解析に自分のデータを使用されることを拒否される方は、当事業実施責任者の整形外科 部長 永井宏和医師に、その旨お申し出くださいますようお願いいたします。

その他研究事業についての資料の閲覧を希望される方は、日本整形外科ホームページ(https://www.joa.or.jp)および、JOANRホームページ(https://www.joanr.org)をご参照ください。

『消化器内視鏡に関連した偶発症の全国調査』(調査期間:2021年3月4日~2021年3月21日の1週間)について

『消化器内視鏡に関連した偶発症の全国調査』について、当院では調査期間を2021年3月4日~2021年3月21日の1週間と定め参加します。

審査結果通知書
研究に対する情報公開

消化器領域における透視下手技に関する臨床研究のお知らせ

当院では以下の臨床研究を実施することになりました。この研究では、多施設共同で前向きに、通常診療における透視下内視鏡手技(内視鏡的胆管膵管造影検査、治療超音波内視鏡検査、消化管ステント、小腸内視鏡、イレウスチューブ)における実際の放射線被ばく量を調査、検討します。このような研究は、厚生労働省・文部科学省の「人を対象とした医学系研究に関する倫理指針」の規定により、研究内容の情報を公開することが必要とされております。該当される患者さんで、本研究への参加をご希望されない場合はお申し出ください。参加を拒否することで皆様に不利益が生じる事は決してありません。この研究に関するご質問などがありましたら、主治医または以下の問い合わせ先へご照会ください。

【研究の名称】

消化器領域における透視下手技の放射線照射量 多施設共同前向き観察研究

【研究責任者】

西田 勉

【研究機関の名称】

市立豊中病院

【研究の目的・意義】

レントゲン透視装置を用いた内視鏡手技は近年顕著に発達し、多くの高度な低侵襲内視鏡治療を担う、非常に重要な治療法であるといえます。一方でこれらの手技に実際どの程度医療放射線が使用されているかは世界的にもあまりデータがない状況で、現時点基準も設定されていません。この研究の目的は多施設共同でそれらを明らかにし、消化器領域における透視下手技での標準的な放射線被ばく線量の設定(診断参考レベル)の礎となることで今後の医療における適切な放射線使用を推進する事です。

【方法】

期間:2019年7月11日から2021年3月31日

共同研究機関:研究会に参加施設。

対象:

  1. 内視鏡的胆管膵管造影検査を目的とする症例
  2. 治療超音波内視鏡を目的とする症例
  3. 小腸内視鏡を目的とする症例
  4. 消化管ステントを目的とする症例
  5. レウスチューブを目的とする症例

収集する情報: 検査治療における放射線使用量、検査時間、疾患背景

【個人情報の管理】

データ収集の際には、患者さん個人を特定しうる情報(個人情報)は院内で厳重に管理いたします。個人が同定されないよう匿名化した上でデータセンターに各施設のデータを収集し、解析を行います。この研究の成果は、学会や医学雑誌などに発表する予定ですが、研究対象者となった方を特定できる個人情報は利用しません。 また、この研究は各施設の倫理委員会の承認を得ており、患者さんの権利が守られることが確認されています。

【研究計画の閲覧】

この研究について、研究計画や関係する資料、ご自身に関する情報をお知りになりたい場合は、他の研究対象者となった方の個人情報や研究全体に支障となる事項以外はお知らせすることができます。

【研究担当者および連絡先】

この研究に関してご質問がある場合や、対象となる方でご自身のデータが研究に利用されることを拒否される場合は、お手数ですが以下の連絡先へご連絡ください。

【連絡先・相談窓口】

住所:大阪市西区九条南1-12-21
多根総合病院 消化器内科 淺井 哲
電話:090-5054-7462

【審査結果通知書】

審査結果通知書はこちらからご覧ください。

匿名加工情報について

当院では、診療情報を利活用することで、医療の質向上および病院経営の改善に役立てることが可能となるため、診療情報から匿名加工情報を作成し、第三者に提供しています。

→詳細についてはこちらをご覧ください。

→匿名加工情報の作成および提供について

NCDデータベースへの参加について

当院の循環器内科、外科、泌尿器科、形成外科は医療の質向上を目的とし【NCDデータベース】に参加しています。
詳しくは NCDのホームページをご覧ください。

NCDデータベース

→患者様へのお願い

当院で内視鏡検査治療を受けられる方へ

~当院は患者さんの診療向上のための調査・研究に参加しています~

≪課題名≫
「消化器内視鏡に関連する疾患、治療手技データベース構築(多施設共同 前向き観察研究)」

≪対象となる方≫
当院において内視鏡検査・治療を受けられた方

→詳しくはこちら

臨床研究に関するお知らせ

多根総合病院脳神経内科では、診療に伴って得られる医療情報を用いて、臨床研究を行っています。診療に伴い発生した医療情報を二次利用するので、これらの医療情報により氏名、登録番号、住所など個人が同定される情報が第三者に知られることはありません。また、新たに何かをしていただくことはなく、研究のために不必要な検査が追加されることもありません。研究のために検査などをお願いする場合は、別途説明させていただき、同意していただいた上で行います。

研究の対象となる方・ご家族の方で、研究へのご参加を希望されない方は当院主治医、または当科責任医師にご連絡ください。たとえ参加をお断りになられても、不利益を受けることはありません。また、同意した後であっても、いつでも同意を撤回することはできます。ただし、すでに研究結果を学会・論文で公表している場合は、データを破棄できない場合があります。

お申し出がない場合は、各研究への参加についてご同意を頂いたものとして、研究の対象とさせていただきます。ご了承くださいますようお願い申し上げます。

輸血を拒否する患者さんに対する当院の方針

相対的無輸血治療(※1)を輸血療法の基本方針として、これを基に下記の対応をおこないます。

  1. 宗教上の理由等により輸血を拒否する信念は、人格権を構成する信教の自由に基づく権利であることを理解し、尊重します。
  2. 輸血拒否の意向をお持ちの患者さんに対して、その事を理由に診療をお断りしません。
  3. 不必要な輸血はいたしません。しかしながら、輸血により生命の危険が回避できる可能性があると判断した場合は、患者さんの意識の有無や年齢に関わらず輸血を実施いたします。
  4. あらかじめ輸血が避けられないと判断されるにもかかわらず、輸血の同意を頂けない場合、他医での治療をお勧めします。
  5. 患者さん・ご家族から提示される「免責証明書」等の絶対的無輸血治療(※2)に同意する文書の受理、署名はいたしません。

※1「相対的無輸血治療とは」
可能な限り無輸血治療に努力するが、「輸血以外に救命手段がない」事態に至った場合には輸血をおこなうという考え方

※2「絶対的無輸血治療とは」
患者さんの意思を尊重し、たとえいかなる事態になっても輸血をしないという立場・考え方

未成年者の受診に際して保護者の方へのお願い

当院では、未成年者の受診に際して保護者、法律上の代理人等の同伴をお願いしています。

同伴をお願いする理由
  • 症状、病歴、服用している薬の内容、各種アレルギー等、必要な医療情報を的確に確認するため。
  • 避けられないリスクを伴う処置や処方の副作用等について、適切に理解して判断していただくため。
  • 未成年者は、法的には保護者の同意がないと適切な契約ができないため。
上記理由を踏まえた当院の方針
  • 中学生以下の方は保護者同伴をお願いします。
    (継続受診で、初回受診時に保護者の同意が得られている場合はこの限りではありません。)
  • 中学卒業後~成人になるまでの方について
    1. 受診することを保護者が知っているか本人に確認することがあります。
    2. 保護者が知らなければ、診察前に本人から保護者へ連絡するようお願いすることがあります。
    3. 診察後、保護者への報告を本人に行ってもらうよう伝えることがあります。
    4. 重要な意思決定等は職員から保護者にご連絡することがあります。
    ※結婚されている方、保険証の被保険者(本人)の方は除きます。

緊急時(すぐに適切な処置を行わないと重大な後遺症や生命の危険があると担当医が判断する時)には保護者のご承諾なしに診断、治療を開始いたします。

やむを得ず保護者の方が同伴できない場合には、電話での診療の確認、説明や同意をお願いすることがありますので、必ずご連絡が取れるようご配慮願います。
ご連絡が取れない場合や診療の内容により、担当医の判断で診療をお断りさせていただく場合があります。その際は、後日改めて同伴でご来院頂きますようお願いいたします。

ご不便をお掛けすることもあるかと存じますが、安全・安心な医療の提供のため、ご理解・ご協力のほど、宜しくお願いいたします。

レセプト等情報を用いた脳卒中、脳神経外科医療疫学調査 J-ASPECT Studyへの参加について

現在、当院ではJ-ASPECT Study研究代表者と共同で、「レセプト等情報を用いた脳卒中、脳神経外科医療疫学調査」を進めています。

2018年4月から2019年3月の間に脳卒中や脳神経外科関連の疾患で入院された患者さんの臨床データを解析させて頂き、脳卒中をはじめとした脳神経外科医療の見える化に役立てることを目的としています。

解析にあたって提供するデータは、提供前に個人を特定できない形に加工した上で提供しますので、患者さんの個人のプライバシーは完全に保護されます。

本研究の解析に自分のデータを使用されることを拒否される方は、脳神経外科 統括部長 小川竜介 にその旨お申し出くださいますようお願いいたします。

その他研究事業についての資料の閲覧を希望される方は、研究班ホームページ(https://j-aspect.jp)をご参照ください。

泌尿器科からのお知らせ

当科は奈良県立医科大学の共同研究として前立腺癌患者における背景因子、初期治療に関する実態調査研究(NURTG研究調査)を行っています。 詳しくは、奈良県立医科大学の案内をご覧ください。
患者さんおよびご親族の方へ 奈良県立医科大学の案内

当院は奈良県立医科大学 泌尿器科学教室の関連病院である。当泌尿器科学教室では泌尿器がんをはじめとして様々な医学研究を進めています。
以下は,これから当教室が関連病院と共同して行おうとしている下記の研究について説明したものです。
対象となられる患者さん,および患者さんがお亡くなりになっている場合には,ご親族さんに説明をお読みいただき,研究にご協力いただければと思います。
詳しくは こちらをご参照ください