お電話での
お問い合わせ
サイトメニュー

総合受付

06-6581-1071

診察予約受付

06-6585-2729
受付時間 平日:8:30〜16:30
閉じる 閉じる
大阪市西部エリアで地域医療を担う
多根総合病院|社会医療法人きつこう会

手術支援ロボット「ダビンチ」の導入

手術支援ロボット「ダビンチ」の導入

当院は、2023年12月に手術支援ロボット「ダビンチ」を導入しました。 より精細かつ安全な手術を可能にするダビンチにおけるロボット支援下手術の特性やメリットについて紹介します。

ダビンチってどんな機器?

手術の歴史

ダビンチのご説明の前に、まず手術の歴史からお伝えします。 もっとも一般的な開腹手術は、お腹を開いて器具を入れ、直接手で触れ行う手術です。 それに対して1990年代からお腹を開かず、複数の小さな穴から器具を挿れる、患者さんの負担が少ない低侵襲な腹腔鏡(ふくくうきょう)手術という手法が登場しました。
最初は簡単な胆石摘出手術等から始まり、2000年頃には大腸がんなどにも適用されるようになりました。 ダビンチの機器が登場したのは2010年代でした。
お腹を大きく開かず、複数の小さな穴を開けて器具を挿入するという点は腹腔鏡と共通していますが、ダビンチはその穴を通してできることが違うのです。

ダビンチのアームのイメージ

ダビンチの特徴

腹腔鏡は直線の棒の先に鉗子やカメラ等の器具があり、それをお腹に開けた穴から差し入れるため、穴を支点とした単純な動きしかできません。
ちょうどピンセットを使ってビンの中で船の模型を組み立てるボトルシップのような感覚です。 限られた操作しかできないので手術手技には慣れが必要ですが、熟達すれば開腹手術と同じような手術も可能です。

対してダビンチはアームの先に関節があり複雑な動きができるため、人間の手より操作領域が増えるとされています。 その器具の操作を行うコンソールにはモニターがあり、画像の拡大幅は10倍と非常に大きく、3倍程度の腹腔鏡よりも精細に術野を観察できます。

また腹腔鏡は鉗子を動かすとテコの原理が働いて、その先端はより大きく動いてしまいますが、 ダビンチは逆に3分の1程度に制御できるうえ、手ブレを補正する機能があるため、より安全に手術が行えるのです。

ダビンチでの手術

当院のダビンチ活用についての事例を紹介します。

外科領域での手術 
身体の奥まで届いて手術が容易に

当院の外科では、大腸がんの直腸と結腸の手術をダビンチによるロボット支援下手術で実施しています。ダビンチによる直腸手術は2018(平成30)年に、結腸手術は2022(令和4)年に保険適用となりました。

症例によってはロボット支援下手術が適さないケースもありますが、特に直腸手術においてはダビンチの優位性が高いため、基本的には適用できる全ての患者さんに実施する予定です。直腸は身体の中でも骨盤腔というトンネルのように奥まった位置にあるため、直線的な動きしかできない腹腔鏡だと、器具を届かせるのも操作するのも難しい手術と言えます。

数名の医師がダビンチ手術を見守ります
ダビンチのアームのイメージ

例えるなら、目の前のテーブルの裏側まで器具を挿れて手術する感覚に近いかもしれません。しかしダビンチはアームの先端が多関節になっており、テーブルの裏側まで届かせることができるため、無理のないカメラ角度で術野を確保し、無理なく操作ができるという意味で非常に画期的なものです。

数名の医師がダビンチ手術を見守ります
数名の医師がダビンチ手術を見守ります

新しい機器を扱うということでトレーニングも必要ですが、ダビンチは安全に手術が行えるよう厳重な認定制度が設けられていて、実際に患者さんに手術をするまでに多くの練習プログラムをクリアすることが義務として課せられています。

当院の外科では、小川淳宏医師と、今年(2024年)1月より来られた久戸瀬洋三医師の2名が認定を受け、ロボット支援下手術を担当しています。大腸を専門とする医師が小川淳宏医師と小川稔院長、久戸瀬医師、さらに若手の医師も多数おり、より手厚い診療体制となっています。

泌尿器科領域での手術 
根治性を高め、合併症は低減

泌尿器科では、前立腺がんのロボット支援下手術(ダビンチ)を実施しています。以前は開腹で前立腺がんを手術していましたが、前立腺は直腸と同じく骨盤の奥にあるため開腹しても術野を確保しにくく、出血があるとさらに視野が悪くなります。

しかしダビンチのおかげで前立腺まで容易に器具を近づけることができ、複雑な操作も可能になりました。
気腹圧をかけることで出血を抑えるので術野がきれいに見えて細かな操作もできるので、根治性の高い手術が可能です。 また筋肉や神経を温存でき、尿失禁や男性機能障害といった合併症の低減にもつながります。

前立腺がんは根治をめざせる疾患ですが、まずは早期発見が大切です。50代以上の方、または家族歴のある40代の方は、ぜひ前立腺腫瘍マーカー(PSA)の検査を受けてください。 また、今後は腎がんに対する腎部分切除術もダビンチで行えるよう準備を進めています。

ダビンチによる泌尿器科領域の手術
ダビンチのアームを設置します
ダビンチのアームを設置します
手術の準備風景
手術の準備風景

多根総合病院の取り組み


ページトップ